ビーズアートショー横浜2017秋

11月9・10・11日、横浜の大さん橋ホールで行われるビーズの祭典。
「ビーズアートショー横浜2017秋」にワークショップの形で参加します。

11月10日、1時間半ずつ2回。
金糸を巻いたドングリのペンダントを作ります。
ws_17ya_crk1_1.jpg

ワンアイテムなので、初心者さんでも大丈夫。必ず作っていただけるように、クマさん、吉植さんと3人講師体勢で臨みます。
経験者の方々にはきっと物足りないと思います。時間も大幅に余りそう。
それでも、このペンダントそのものが作りたいという方は、どうぞご参加ください。
チェーンやリング、留め具など各パーツ、丸カン、Tピン、赤いガラスカットビーズ、チャーム、丸小、丸大ビーズ、ウッドビーズ、糸2種、ビーズ通し、、、これらを自分で揃えるのは何カ所かお店をまわらなければならないし、半端に材料が余るし。
ヴォーグ学園やワサビ・エリシでも”ドングリ”を講習に加えるつもりにはしています。
ただ、2時間用にアイテムは変えます(まだ考え中)。

カラフルなのも可愛いですよね。
BAC秋-オヤ02

11月11日には、CRKデザインの遠藤安子さんがビーズステッチのカードケースを講習します。
ws_17ya_crk2_1.jpg
ウール糸の温かみのある刺しゅうで、所々にビーズがキラリ。
SuicaやPASMOを入れて、おしゃれに便利に使えます。

詳細は ビーズアートショー横浜2017秋 のワークショップ欄をご覧ください。
受け付けが始まっています。

チェキ!
前回のワサビにいらした方々のアクセサリーや作品を写させていただきました。
9/21講習の”薔薇”のミニポーチ。キーチェーンには家の鍵、ポーチの中には自転車の鍵を入れて、とても重宝されているそうです。
20170927_123820.jpg

3輪は作れるようにビーズもセットしておいたので、”薔薇”のペンダントを作られた方。
20170927_123923.jpg

8/23講習の”パイナップル”のネックレスをしてみえました。
20170927_121954.jpg
20170927_121517.jpg

残りでお揃いのピアスを作られた方も。
20170927_114741.jpg

7/26講習のかすみ草をブラウスの襟ぐりに縫いつけられた方。
20170927_121308.jpg

こうして楽しんで作られ、使われているのを拝見できて嬉しい限り。
ブログを見て下さっている方々からも刺激や参考になっているとの声が聞かれます。
今後もチェキを続けますね。


  1. 2017/10/02(月) 12:08:12|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワサビでベリー

第4水曜日(27日)は、ワサビ・エリシでした。
2時間で完成した方も。
20170927_124133.jpg

ご質問のあった実のビーズ番号
赤い実・・・丸大 331:セミグレイズド丸大 2640F 約3:1でミックス
緑の実・・・丸大 164:セミグレイズド丸大 2600F 約3:1でミックス

定員オーバーの11名で狭いながらも和気あいあい。
20170927_104818.jpg

当日、いつもの紙皿を忘れてしまいました。
テキストとお皿を兼ねた方や、タオルハンカチを代用した方。ご協力に感謝。
20170927_102448.jpg
20170927_102358.jpg

チェキさせていただいた写真は次回にご紹介します。

ワサビ・エリシの来月は
10/19(木)10/25(水)アイス・スパイラルのトートバッグ
現在、19日は残り1名となっております。
20170729_121539.jpg

11月の受け付けも始まりました。
11/16(木)グミのペンケース
20170927_105234.jpg

11/22(水)デイジーのグラスコード
グラスコード

どちらも、プレゼントに適したアイテムです。
お申し込みはワサビ:エリシにお願いいたします。






  1. 2017/09/29(金) 20:18:13|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自由なクラス

トルコ文化センターの第4土曜日、第4火曜日はモチーフ研究日。
最近は、先週の続きをする、休んだ分を作る、新しいモチーフに挑戦、自分のストールに縁飾り、など各人各様。

先週の”スカラップ”のネックレス、長短の見本(44モチーフと47モチーフ)2本を重ね付けしていただきました。
20170926_121524.jpg
かなりゴージャスになります。

「場所によってビーズの色を変えると、通すのは面倒だけれど、編むときは判りやすいし、仕上がりが面白い」と先週お話ししました。
ちゃんと実験してきてくださいました。
20170926_121024.jpg

このように、同じ編み方でもバリエーションは無限大です。お楽しみください。

チェキ!
紺色の服に”オーシャンブルー”のネックレスがきれい。
20170926_131559.jpg

秋色の”オリーブ”のブレスレット
20170926_123615.jpg





  1. 2017/09/26(火) 21:54:40|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

薔薇のキーホルダー

毎月、第3木曜日はワサビ・エリシの講習
20170921_121739.jpg
今回は薔薇のワンモチーフなので、試作を入れても、余裕で完成。
Iさんの作品を来月のアイテムに載せて撮影しました。

10月は 19日(木)と 25日(水)、どちらも、このトートバッグを作ります。
アイスクリームの棒を使う珍しい編み方なので、ご存知ない方にはトライしていただきたいです。
詳しい内容やお申し込みはワサビ・エリシまで。

チェキ!
Kさんはヒマワリを帽子のアクセントに
20170921_102151.jpg

ワサビ・エリシの2階では、25日まで、鈴木伊美さんのガラス作品展をやっています。
20170921_101835.jpg
27日からの展示は、初登場、末田正輝さんの”イギリスのニューウェーブを思わせる服”とのこと、楽しみです。

1階店舗はもちろん、トルコのものがたくさん。
秋らしいイーネオヤのネックレスや
20170921_125248.jpg
イーネオヤ、ボンジュックオヤ、エフェ、ケセ(小袋)なども
20170921_124838.jpg

****
20日(水)は、日本トルコ婦人クラブによる駐日トルコ大使夫人の送別会がありました。
メリッチ・久美子様は嬉しいことに日本の方。3年半、クラブの会長をしてくださいました。
明朗快活、素敵な方で、「トルコと日本の架け橋」を精力的に実践されました。
20170920_141058.jpg
クラブの役員さんが用意された記念品は朱塗りのフレーム。
”赤は元気が出る色だから好き”と喜んでくださいました。
当日も真っ赤なお花のブローチと赤い靴が印象的。

大使の異動の知らせは本当に急だそうです。
3年前の日本に来られるときのエピソードを話してくださいました。
ある晩、トルコの外務大臣から夫人に直接電話があり、
「最近日本に帰っていますか?」ーー遠いからあまり帰っていません。
「帰りたいですか?」ーーもちろん。
「では帰してあげましょう」と。
半信半疑で一夜を明かしたら、翌朝の新聞にはもう異動が発表されていたそうです。
今回も急だったそうで、役員さんたちはアタフタ、この会を急に開催。
私もちょうど講習会のない日で、伺えて幸いでした。
場所が気になります?
渋谷区神宮前の「ブノア」。おしゃれで美味しいフレンチでしたよ!


  1. 2017/09/23(土) 11:38:56|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ラメ糸でスカラップ

先週土曜日と本日火曜日のトルコ文化センターでコレ↓
スカラップネックレス
何にも合うので、私自身も重宝している”スカラップ”のネックレスです。

これは『ビー縁3』で人形の縁飾りとして紹介した編み方。
本ではDMCダンテル80番という極細のレース糸に特小ビーズを入れた今までで一番小さい縁飾り。
それをダルマのラメのレース糸に替え、内角大(No.22)ビーズと特大ビーズ4mm(No.722)を使用。
8号針で編みやすくし、幅も太いネックレスにアレンジしたものです。

最初と最後を除き、特大ビーズと特大ビーズの間に内角大を9個ずつ通します。それを約45回。これが8個だと上手く編めないので、集中してビーズを通します。特に内角ビーズはキラキラして見にくい。
シーン。
編み地を頻繁に返して行ったり来たり、編み進み方がちょっと複雑。
私が話しかけても誰からもお返事がない。途中で止まると、どこを編んでいるのか判らなくなるらしい。
シーン。
というわけで、いつになく静かな講習会でした。

でも、様子がわかってくれば、あとは繰り返しなので大丈夫・・・だと思います。
トルコ文化センターはひと月に2回あるので、来週続きを編むこともできるし。

土曜日はシェケルパーレ(ŞekerPare)というシロップ漬けクッキーをいただきました。シェケルはお砂糖のこと。
20170916_183016.jpg
甘〜いクッキーに熱々のチャイがおいしい。

火曜クラスは終わってから7人全員でトルコのランチ。
20170919_142959.jpg
私が選んだメインは、ほうれん草と鶏肉の煮込み。白い飲み物はアイラン。
その他にスープ、パン、チャイ。リーズナブルなランチです。

トルコでは、ヨーグルトはほとんど毎食用いられる食材。スープなどの調理の段階で入れたり、ケバブやキョフテ(肉団子)、煮込み料理の仕上げに、ソースのようにかけたり。
私は辛味が苦手なので、カレーにも入れてまろやかにすることも。

チェキ!
土曜のIさん、リネンの服に、麻糸のフィルケテのネックレスがよく似合います。
20170916_183048.jpg

火曜のKさん、トルコのスパングルの縁飾りがきれい。
20170919_134012.jpg


  1. 2017/09/19(火) 22:05:41|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ