FC2ブログ

トルコオヤ旅−15

チャーバンさんは、”あなたたちのおかげでエディルネは初めて来たがとても良い所だ”とご機嫌。
私たちの買い物に付きあい、荷物を持ってくれたり階段では腕を貸してくれたり。
なにしろ私は片目。石畳の道ではクマさんや誰かしらが手を引いてくれたり、段差!窪み!など声をかけてくれました。

ホテルのオーナーが、「エディルネは良い所だろう? イスタンブールは嫌いだ」と言えば、「僕もイスタンブールは大嫌いだ、イズミールが一番だ」とチャーバンさん。2人して故郷自慢。

1週間一緒に過ごしたチャーバンさんとは、渋滞続きで車線変更&割り込みし放題、クラクションが鳴り響くイスタンブールに戻ってお別れしました。

翌朝からの買出しには智子さんがつき合ってくださって、まずは私たちのパーツ探しにエミノニュへ。
一日中いても飽きない建物。ビーズやパーツ屋さんが集まっています。
IMG_0801.jpg

大判小判がザックザック・・・の気持ち。(実際は大判小判が私の懐から出ていったけれど)
IMG_0805.jpg
例えパーツを100個買っても、もし使うことになれば1ヶ月の講習でほぼなくなってしまう。足りないからといってもまた来て買えるものではないし、同じものがなくなる可能性も大。
でも上手に使えなければそっくり箪笥のこやしに。しかも重い。
材料の仕入れは本当に難しい。

ひとしきり選んで買ったところで、運良く(?)時間切れ。
というのは、金曜日は大きな礼拝があるので、店はその間シャッターを閉めてしまいます。

智子さんがシルケジにあるおいしいピデ(ピザ)の専門店に連れていってくれることに。
途中で、傘をさしてもずぶ濡れになるくらいのにわか豪雨のため、私たちも雨宿り。
雨宿り
エミノニュはボスフォラス海峡沿いで坂下にあるため、道路は川のように。

雨宿りしながらトウモロコシを食べる人も。
モロコシワゴン

私たちは美味しい美味しいピデを頂いた後、布地屋さんへ
布地屋

次は毛糸屋さんへ。
すっかり青空になり、濡れた道路も服も乾きました。
IMG_0840.jpg


  1. 2018/10/09(火) 18:58:55|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコオヤ旅−14

セリミエジャーミーの敷地内には小さなバザールが広がっています。
その他に、街の中心にアリ・パシャ チャルシュスと呼ばれる長さ300mの市場があって、服や靴、鞄などの日常品から旅行者向けのお土産物まで。
私たちものんびりと細々した買い物を楽しみました。
IMG_0753.jpg

エディルネ名物のメイヴェ サボヌ(果物石けん)の店
IMG_0779.jpg

右奥に見える多種類の果物が籠に盛られているセットは、日本人感覚ではお仏壇にお供えしたくなる。
石けんなのだから、と以前買った葡萄を手洗いに使いました。
もちろん洗えますが、白く泡がついて乾いた葡萄は飾り物としては不向きに。
やはり使うものではありませんね。

エディルネの青空市場は土曜日なので今回は日程が合わない、と諦めていたのですが、広場を通りかかったらラッキーなことに小規模の手づくり市が。
IMG_0762.jpg

さっそく参入!
清水さんは歩きながらでも編みます。「何を編んでいるの?」と話しかけられ、、、
IMG_0764.jpg

「これはどうやって編むの?」「毛糸はどれ?」「他にもあるの?」とバッグを覗き込まれる始末。
IMG_0769.jpg

編みながら店番している女性達も興味津々で集まってきて、草の根国際交流が展開。
IMG_0774.jpg

やはり針の持ち方が面白いと言われました。私たちはこうする、と。
IMG_0773.jpg


  1. 2018/10/07(日) 15:14:19|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコオヤ旅−13

昨日は池袋サンシャインでテナライのワークショップ。
キルト&ステッチのイベントなので、レース編みやビーズに興味を持つ方は少ないのでは?の心配をよそに、時間内は常に満席状態の賑わいでした。
IMG_1085.jpg

パッチワークやキルトの大作を見にいらした方、布やキット、道具を買いにいらした方が、戯れに立ち寄られた感。
レース針はチューリップさんからのレンタル、老眼鏡を持って来ていないという方にはクローバーのクラフトルーペをお貸しして、ちょっと寄り道、遊び感覚で作っていただきました。
「久しぶりにかぎ針編みしたけれど、楽しい」と、早い方は30分で完成するブレスレットをつけて帰られました。
今後、テナライを申しこまれたり、オヤに興味を持ってくださると良いのだけれど。

ヴォーグ社のTさんはテナライ2回目の”スノークリスタル”のイヤリングを
IMG_1092.jpg

***オヤ旅-13***
エディルネの博物館でも民族衣装、オヤ、刺繍などの展示。

IMG_0614.jpg

IMG_0629.jpg

IMG_0627.jpg
調度品には”エディルネカル”と呼ばれるペイントが施されています。15世紀にエディルネで発祥し、その後イスタンブールやブルサに広まった由。ブックカバーなどの革製品にもこのペイント技法が見られます。

もちろん、イーネオヤもたくさん見られましたが、、、
IMG_0662.jpg

IMG_0648.jpg

ここは特にオスマン刺繍の作品展示が多いように感じました。
IMG_0617.jpg

IMG_0632.jpg

IMG_0658.jpg

IMG_0676.jpg

刺繍や縫い物が得意な遠藤さんは、たくさんの刺激を受けたのではないでしょうか。
モチーフや色使いがトルコっぽくなったりして。


  1. 2018/10/05(金) 20:41:11|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコオヤ旅−12

エディルネのセリミエジャーミー(裏手より)。
IMG_0751.jpg
高さ43m余りの大ドームと細い4本のミナレットのバランスが美しい。

スルタン・セリム2世の「アヤソフィアを超えるモスクを建てよ」という命により、大建築家ミマール・シナンが設計して1575年に完成。このときシナンは80半ばを過ぎていたという。彼の最高傑作と言われています。

内部は窓が多く明るくて開放的。
IMG_0583.jpg
ブルーモスクなどイスタンブールのモスクのように観光客が多くないので、なおさら広く明るく感じられます。

絨毯の模様もラーレ(チューリップ)やカランフィル(カーネーション)など、オスマンっぽくきれい。
IMG_0590.jpg
もちろん、メッカに向かって祈れるような向きに敷き詰めてあります。

裏手にエディルネ博物館があります。
IMG_0606.jpg
オスマン時代の女性の手になる刺繍や民族衣装、服飾品がたくさんあります。次回につづく。



  1. 2018/10/03(水) 23:27:28|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコオヤ旅−11

5日。クマさんに付き添ってもらい、智子さんが調べておいてくれた評判の良い眼科の病院で、診察を受けました。受け付けでも診察してくれたドクターとも智子さんが携帯電話で説明や通訳をしてくれたので、大助かり。右眼の角膜の傷は、1週間点眼しながらパッドで使わないようにしていれば治るでしょう、とのことで一安心。

ホテルからグランバザールを抜け、エジプシャンバザールで買い物を楽しみながら待ってる3人と合流。
エジプシャンバザールは、香辛料やハーブ、生活に密着した食料品店が多くて楽しい。
IMG_0529.jpg
トラムに乗ってホテルに戻り昼食。
3時にチャーバンさんと待ち合わせしてエディルネへ約3時間のドライブ。

エディルネはオスマン帝国時代の古都。
イスタンブールより北(ギリシャやブルガリアの国境に近い)に位置するため、初めて「快適!」といえる爽やかさでした。
夕食前に Üç Şerefeli Camii へ。
IMG_0549.jpg
ウチ=3。3つのバルコニーを持つミナーレからその名前がついています。

上を見上げても
IMG_0553.jpg

中に入っても
IMG_0558.jpg
美しい・・・そして誰もいない。
イスタンブールの喧噪と蒸し暑さから逃れて、ホッとできました。

夕食はエディルネ名物のレバーの唐揚げ、その他。
IMG_0571.jpg
レバーは生の玉ねぎと一緒に食べます。

初めはテーブルにお誘いしても遠慮して別テーブルで食事をしていたチャーバンさんは、もうすっかり打ち解けてオヤ旅グループの一員に。料理を選ぶときはちゃんとクマさんを指名します。



  1. 2018/10/01(月) 22:32:50|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ