さくら染め展

昨日は七字良枝先生のさくら染め展でゲスト講師としてワークショップ。
場所は銀座1丁目にあるレトロな奥野ビルの6階、「ギャルリー ラー」。
築85年のビルにはギャラリーやアンティークショップがたくさん入っています。
かつては高級アパートで地下は浴場だったそう。
民間では初というエレベータは現在でも使われていて、外の扉、中の扉は手動式。ヨーロッパの古い映画で見た事のある小さな箱もので、1人で乗るのはちょっと不安になります。到着したら、中の黄色い扉を手であけ、外の扉を開けてホッと。中の扉を閉め忘れるとキーンと警告音が鳴ります。講習中に他の階で閉め忘れたらしく、キーンと鳴り続け、どなたかが「みんなも聞こえる?耳鳴りではないわよね」と(笑)。

展示会場は桜の花が満開。
20180401_122418.jpg

20180401_182629.jpg
写真はインドのサリー。
さくら染めの繊細なストール、美しいシルク糸はもちろん、他の草木染めの優しい色合いの糸や毛糸も展示販売されていました。

私の講習は1時からと3時半からの2クラス。
さくら染め展七宝レース

講習ではライムの葉で染めたグリーンとさくら染めのピンク、お好きなスカーフを選んでいただきました。
20180401_145034.jpg
糸が主役なのでビーズは内角小22の金。控えめにキラキラ。

20180402_075040.jpg
糸はどちらもさくら染めのピンクでしたが、私は写真に入れたローズマリーのグリーンを購入。ちょっと暇になったら、グリーンの糸でも作ってみようかしら?ビーズは何色が合うかしら?とウズウズ。

スカーフを譲っていただいたので、各2枚ですが、さくらの小巻の糸と一緒にお分けします(¥3,000)。ビーズはつきません。糸通しビーズ1パックで作れます。
minishi@jcom.home.ne.jp まで、ご連絡ください。先着順にさせていただきます。

クラスはどちらもほぼ満席。他の講習会に来て下さっている方が半分以上。このセット材料は定期講習では揃えられませんからね。サンイデー時代の方もみえて懐かしく、皆様の温かい応援を心強く感じました。
初めて参加の方々も糸通しビーズの移し方に目からウロコのご様子。珍しい七宝編みなど、楽しんで編んでいただきました。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました。
時間内に完成できなかった方、ご質問があったら、メールいただければアドバイスできるかと思います。

4月下旬に発売予定の新刊本告知や5月・6月の展示講習会予定をまとめて、CRKが急遽チラシを作ってくれました。
新刊本の表紙や中味はまだ印刷所とCRKを行ったりきたりの現状、一昨日の晩10時過ぎに私が駅の改札でCさんからチラシを受けとり、会場で折り畳むというホヤホヤ情報のギリギリタイミング。
そのチラシ、1枚残らず会場に置いてきてしまったので、気になる方はどうぞ会場に。
さくら染め展は4月5日まで。最週日は17時までです。



  1. 2018/04/02(月) 12:15:36|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワサビ・エリシで烏克蘭

昨日はワサビ・エリシでの講習。
ここは単発で申し込みできるのですが、昨日はリピーターの方々ばかり。手は”冬の星座”のネックレスを編んでいただきながら、癌の早期発見がいかに大事かを聞いていただきました。話しに気をとられると編み入れる場所を間違えたり、モチーフをつけ忘れたり、、、。
昨夜、ガッテンの途中から見たのですが、何かに集中するとθ派が出てヨガ瞑想と同じ効果。脳が活性化するそうです。ビーズを数えたり編んだりするのはとても良いことだとガッテンしました。これからはおしゃべりでお邪魔しないようにしなければ。

”デイジーとクローバー”のラリエット。片端にループを作り。好きな長さで止められるように工夫されました。
20180328_110604.jpg

”フルーツバスケット”の縁飾り。開きの大きくない被るタイプのシャツの場合、この方のように肩の縫い目から前だけに縁飾りを縫いつけます。
20180328_110523.jpg

”ベリー”のラリエットの色違い。白と緑だけでとても爽やか。
20180328_110507.jpg

ワサビ・エリシの2階では昨日から4月16日までウクライナ(漢字だと烏克蘭と書くのですね)の作家さん3人による美しい手仕事を展示しています。

ブイサンカというお祝いの卵。
20180328_134204.jpg
ろうけつ染めのように部分的にカバーして多色を塗るか染めるかするみたい。
20180328_135003.jpg

20180328_134137.jpg
卵の中にライトが入っています。繊細なレースのよう。

男性のビーズ作家によるビーズアートの世界。
伝統の色あい、民俗衣装的なネックレス。
20180328_134302.jpg

創作のネックレスやピアス。圧巻です。
20180328_134328.jpg
20180328_134234.jpg

モタンカというお守り人形。
20180328_135331.jpg
針は使わずにパーツを重ねて縛って作っています。顔の十字は古代からの太陽神のサインを表します。
この人形を持つ人を災いから守り、幸せを呼び込み、夢を叶えてくれるのだそうです。

珍しい展示、どうぞご覧ください。
毎週金曜日、13時から17時「ウクライナのお茶会」も開かれます。





  1. 2018/03/29(木) 11:37:04|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

春の花盛り

先週の土曜日は横浜ヴォーグ学園。日本大通りの出口から右に行けば近道ですが、左に行って大通りを歩きます。四季おりおりの植え込みが楽しみ。
20180324_095424.jpg
20180324_095455.jpg
時間に余裕があったので、横浜公園内を歩いたら、新刊本にこのモチーフ名前を入れたので、スマホが反応
20180324_100038.jpg
どんな作品か、ひと月お待ちください。

前回の色違いを作られた方。糸をダルマのラメに変え、装いに合わせた素敵な色合いに。
タカオさんの星座

今日は、トルコ文化センター火曜クラス。
前回の菫が大量に咲いていました。
20180327_124618.jpg
20180327_115839.jpg
右のペンケースは、デイジーをお好みの色で作られたもの。
とっても可愛い!
終わってからお決まりのチャンカヤでランチ。
フィルケテのネックレスがブラウスに良く似合います。
20180327_142054.jpg
ブルグル(麦を細かくしたもの)のスープ

ラフマジュン(薄焼きピザ)
20180327_143406.jpg
と、マントゥ(水餃子もどきのヨーグルトソースかけ)をシェアしました。


  1. 2018/03/27(火) 19:00:39|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

菫のブローチ

火曜日はトルコ文化センターで菫のリング。
楽しくおしゃべりしながら私も菫を編んだので、手持ちのパーツなどを盛ってブローチにしてみました。
20180322_161423.jpg

ベースには貴和製作所の「ブローチ台 スカシ花六弁29mm」を使用。
菫の糸端をスカシ台に入れたり出したりし、裏で固結び、ボンドで補強。
3輪つけたら、リーフパーツをつけます。多面カットした透明のスワロフスキーがあったので、トッピング。光加減で葉の上の露のように光るといいけれど。
トルコで購入したチャームパーツを丸カンで下げました。

このチャームは、ハムサまたはファトマ(ファティマ)の手として、トルコでは魔除けに使われます。
ハムサ(Hamsa)はアラビア語で5という意味。5本指をさします。トルコだけでなく、中東や北アフリカでも魔除けに使われているとか。
ファティマはイスラムの偉大な預言者・ムハンマドの娘の名前。
使用したファトマの手はさらにナザールボンジュウつき。
邪視をはね返す目。超強力なお守りですね。

火曜クラスはレッスン後一緒にトルコ料理を食べにいくことが多いおかげもあり、みなさんとても仲良し。
現在私を入れて7人中3人が水瓶座、血液型は4タイプ網羅。星座と干支占い、血液型に詳しい方がいらして楽しいお茶会、、、いえ、講習会でした。
ちゃんとボンジュック・オヤ教室の証拠に、Mさんの眼鏡コードは”野いちご”の色違い。
20180320_135843.jpg

皆様からプレゼントをいただいてしまいました。
20180322_143524.jpg
マヌカハニーは免疫力を高めます。回復のお守りもいただきました。
守られて、守られて、免疫もついてきっと長生きします。ちなみに7年前に亡くなった父は98才でした。

新宿から帰宅後、我が家でCRK3人と新刊本の校正。
仕事の前に、ちょうどクマさんの誕生日だったのでケーキでお祝い。
20180320_182228.jpg
コージーコーナーでみつけたくまさんケーキ。ぴったりでしょ?
チーズケーキはCRKから私へのプレゼント。

夜10時半まで粘りましたが終わらず、昨日もクマさんが来て校正の続きをしました。
校正、修正、校正を繰り返し、、、ホビーショーに間に合うといいけれど。




  1. 2018/03/22(木) 17:39:13|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

講習つづき

前回にひき続き、土曜日は4時半から新宿トルコ文化センターでスミレのリングを作りました。
20180317_181221.jpg
きれいなネイルとよく合ってすっかり春。

本日、月曜日は水道橋にあるヴォーグ学園東京校。
スミレさえちゃんと編んでいただければ私としては満足。あとのアレンジは適当に、いえ、ご自由にどうぞ、というわけで、2輪をリングにつけた方やピアスを作られた方も。
20180319_121132.jpg
短時間で編めて可愛いので、ヘアピンに付けた髪飾りをプレゼント用にたくさん作ろう、宝塚ファンの友だちに作ってあげよう、本(『ビーズを編み込むすてきアクセサリー1』)のようにいろいろな色で編んでラリエットを作ろう、など、それぞれ夢が膨らんでいるようでした。

春らしくサクラのブレスレットのYさん。
20180319_115139.jpg
スミレやサクラ、こうして季節の旬を身につけ、装いを楽しむ小さな喜び。

なお、ヴォーグ学園は4月から新学期。ご都合や体調が悪くて今月で辞める方や休む方がいらっしゃるので、今なら新入生、大歓迎です。4月は、来月発売予定の新刊本の中から初心者向けのやさしいモチーフでブレスレットを作ります。お友達とお誘い合わせてどうぞご参加ください。

ヴォーグの前回は”冬の星座”のネックレス。基本の黒バージョンを着けていらした方が何人かみえましたが、色違いを作られた方も。
20180319_105921.jpg

本日、私は、ワサビ・エリシで編みかけたネックレスを完成させて着けていきました。
20180319_104258.jpg
軽く結んだ小さめのスカーフを抑えるように着用した例としてご紹介。

生徒さんから嬉しいプレゼントをいただきました。
20180319_215053.jpg
コードレス ビーズリーマー
ビーズ用の電動やすりです。
しかもプレゼントの袋にはアイススパイラルの縁飾り!

去年のクリスマス前にドングリのブローチを作りました。
ウッドビーズにラメ糸をたくさんまきつけるためには、穴を大きく滑らかにしたい。ビーズの穴に棒やすりを手でグリグリして大変だったと話したときに、”電動がありますよ”と教えてくれました。良い事を伺ったけど時すでに遅し。セット組みは全部終わっていたのでした。
今後はこれを使って大量のセットも可能ですね。



  1. 2018/03/19(月) 22:40:00|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ