タイル風ステッカー

先週の金曜日は柏の葉 T−site蔦屋書店へ、展示物の撤収のために行きました。
作業後、↓手前のテラス席でランチを食べ、改めて店内を見ると楽しい物がいっぱい。
20170512_123554.jpg
撤収した大荷物を持って、忙しいCさんNさんと一緒なので、ウロウロもできませんでしたが。
もっと近ければ何度でも来たいところですが、この広々したスペースは都内では無理でしょうね。

トルコのタイルっぽい「貼ってはがせるフック付きステッカー」が目に入り、購入。
イメージとしては↓
20170514_111501.jpg
フックの制限荷重は500g→これはOK
取り付けられる所が、凹凸のないなめらかな面(これは、まあ、納得)

屋外や浴室など水のかかる所、直射日光があたる所、40度以上の高温になる所は使用できない。
場所によってはステッカーが変色したりはがした際に日焼けの後が残ることがある、化粧板や壁紙がはがれることがある。などの注意項目を見ると、場所がどんどん狭まります。
さらに、付属の和紙シールを貼り、必ず半日以上おいてからステッカーを貼り、1時間以上おいてから使用する、と。貼り直すと接着力が弱くなる、か・・・展示会で使おうなんて無理ね。
やはり冷蔵庫しかないかしら?
すでにトルコの思い出のマグネットや、いただいたマグネットがたくさんついているのだけれど。

柏の葉は千葉県。翌日土曜日は友人たちと神奈川県へ。
雨でしたが、遊歩道はだれも歩いていないから静か。森林浴をして目を休めてきました。
20170513_144105.jpg
食べて、しゃべって、笑って、気分転換のリフレッシュ。

いよいよ明日からは講習会が毎日のように続きます。
今週は17日(水)に横浜ビーズアートショーも割り込みました。
本の販売もすることになったため、作品も少しですが持って行きます。
窓辺のオープンスペースにいる予定。どうぞ遊びにいらしてください。

これから明日のヴォーグ東京、明後日のトルコ文化センターの”準備をしなければ。
”かすみ草”のネックレスのために、取り寄せたオリムパスのタティングレース糸(太)↓
20170514_105433.jpg
エミーグランデと大きさを比較してください。
3月に発売されたばかりでタティング糸となっているため、初めて使う方が多いと思います。お楽しみに。


  1. 2017/05/14(日) 12:59:05|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チャイダンルック

トルコの方々は、日に何杯もチャイを飲みます。
チャイ1
夏でも常にホット。
冷めたチャイは飲まず、なくなると熱々を注ぎます。(だからチャイグラスも小さい)

以前、トルコの方を東京でご案内したとき、喫茶店でティーを頼みました。彼女、飲み終わったらウェイトレスさんを呼んで「おかわり!」と。もう1杯ですね。・・・別に良いのですが・・・
日本の喫茶店では1杯でも500円以上するので、ドリンクバーやケーキセットなどで「おかわり自由」のシステムがあるか、よほど長時間居座って”悪いな〜”と思う時意外はおかわりってしなくないですか?
お水は少なくなると注いでくれるし。
ちなみに、私は冷えた水、ジャーから氷が滑って入るとラッキーと思うほうですが、「氷は抜いてほしい」と頼むトルコの方も。食文化はいろいろで面白いです。
トルコでチャイは1リラか2リラ。今は1リラが35円くらいらしい。
買い物していてお店に長くいると”チャイはいかが?”と無料でふるまわれることもよくあります。
日本茶と同じ感覚かも。
彼女、日本の喫茶店での紅茶の値段にびっくり!していました。

ギュルシャーさんのチャイダンルック
チャイ2
同行したSさんのFB写真を拝借
これは多人数用で、家族用には小さいのを使っているそうです。

二段式の上で茶葉を蒸します。下で湧かしたお湯を上に注いで濃い紅茶をだしてチャイグラスに淹れ、さらに下のお湯で濃さを加減します。

トルコで以前に泊ったホテルやレストランでも気になったので写しています。
業務用。下は大量の水を湧かすので両側に持ち手。湯は蛇口から注げます。
チャイ5
チャイ6
ハーブティーなどのティーバッグで飲む方は下のお湯が有効。

最近は電気ポット式も。見た目、味気ないけれど。
チャイ3

道路工事中でもチャイは欠かせません。
チャイ4




  1. 2017/05/09(火) 11:29:28|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

かすみ草ビーズ替え

『ビーズを編み込むすてきアクセサリー1』のかすみ草。
編み方は同じですが、ビーズを替えました。
かすみ草つや消し

これだけではおわかりにならないと思いますが、
20170430_142725.jpg
本に掲載した作品は一番上
下は4/15日のブログで紹介した透明ビーズです。

5月のヴォーグ東京校、横浜校は、中央のつや消しビーズでセット組みします。しっとり上品な仕上がりに。
レース糸も多少替える予定。
見本はオリムパスのエミーグランデで編みましたが、3月に発売されたタティングレース糸(太)は、エミーグランデと同じ太さで、滑りをよくする加工が施されているそうです。小巻なので取り寄せ中。

ワサビ・エリシでは6/15(木)に”かすみ草”。
5/25(木)の”カランフィル”の巾着がすぐに満席になってしまい、ご要望が多いので、6/28(水)に同じ巾着を作ります。
5/24(水)の”カメリア”のペンダントはまだ受け付け中。

http://wasabielisi.com/?mode=cate&cbid=2172835&csid=4
をご覧のうえ、お申し込みください。

急ですが、5月17日(水)11:00〜16:00に横浜ビーズアートショーでミニ講習をすることになりました。(今回、展示ブーズはありません)
先日柏の葉/T-site蔦屋さんで実施した”カーネーション”のワンモチーフ。
↓は見本ですが、お好みのビーズとラメ糸でオリジナルを作っていただきます。
crk17ys_ws1.jpg
crk17ys_ws2.jpg
※色の「おかわり」他、クマさんのサービスはつきません。
ビーズアートショーだから、会場でビーズはいくらでも購入できますものね。

1人でも多く「はじめの1歩」を踏み出す方の力になれればと思っています。
17日に大桟橋の会場にいらっしゃるご予定があれば、どうぞオープンスペースにお寄りください。


  1. 2017/05/05(金) 19:43:01|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

トルコのアフタヌーンティー

ゴールデンウィーク初日29日に、ダンテル(レース編み)を教えていらっしゃるギュルシャー先生宅を訪問。
トルコ文化センター火曜クラスは1月にお邪魔したのですが、今回は土曜クラスがお招きを受けました。
残念ながら参加できなくなったお一人を除いて7人で伺いました。

トルコ料理教室の講師もなさっている先生の、ぜ〜んぶ手作り。手前のパンも奥のクッキーも。
ギュルシャーさん料理

パンの次は、ブルグル(挽き割りセモリナ粉)に野菜を混ぜた クスル(KISIR)というサラダ
ゆで卵で斜めに飾ったきれいな料理は、ラスクの上にヨーグルト、黒いのはドライミント。初めて口にしましたが、さっぱりしていてとてもおいしゅうございました。その向こうはナスやトマト、ジャガイモなど野菜のトマト煮込み。

2段式のチャイダンルックで淹れていただいたおいしいチャイを何杯もおかわりしながら、た〜くさんいただきました。
ここ数年、ほとんど手抜き料理しかしていない我が身を猛反省。
次にトルコ料理教室をなさる時には是非習いにうかがいたい!

さらに、前日の私からの確認メールに、”ちょうど誕生日の方がいらっしゃる”と書き加えたら、サプライズで
誕生ケーキ
ギュルシャー先生、ありがとうございます!
Mさん、(30才?)おめでとうございます。

サンドゥックから1/3だけ日本に持っていらしたという婚礼品の数々を見せていただきました。
きれいで細かい手仕事を間近に見られて一同感激。
イーネオヤ、トゥオヤ、ダンテル
Gさんのオヤ
Gさんダンテル

眺めのよいマンションの明るいお部屋はトルコ式のインテリア。
壁面に合わせてシャルクキョシェスィ(şark köşesi)と呼ばれる長椅子がコの字型に置かれています。これはトルコの居間によく見られる様式で、ソファのように場所をとらず、多勢坐れて対面しておしゃべりができます。しかも座面のクッションをどけると下に収納できる合理的な家具。

『縁飾り(オヤ)の見本帳』p.141をご覧ください。
そのときのメイキング写真ですが、椅子はこんな感じに部屋の周囲に置かれます。
セディル1

p.159もコの字ですが背もたれのない座台。
最近『言霊イスタンブール』という本で知ったのですが、このタイプの長椅子はセディル(sedir)と言うそうです。

チャイを淹れる「チャイダンルック」、嫁入り支度品を入れる「サンドゥック」も『縁飾り(オヤ)の見本帳』に写真や説明があります。
お持ちでない方は是非ご購入をm( _ _ )m


  1. 2017/05/01(月) 10:04:16|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

柏の葉ワークショップ

3/27日は、1日3回、1時間でワンモチーフ、材料込みで1,850円、というお手軽なミニ講習。
カーネーションWS

数日前まで、午前5名、午後の予約が2回とも1〜2名という寂しい情報でしたが、ふたを開けたら午前9名の賑わいに。午後も、当日フラッといらした方が申し込んでくださったり、興味深げに展示を見てくださる方を勧誘したりして8名、5名に。

数種類作った見本のカーネーションを参考に、お好きなビーズの配色を選んでいただきました。
今回はビーディングニードル付き。チェーンまで選べ、しかもクマさんが希望の長さで留めパーツを丸カンでつけるというサービスも。
カーネーション銀カーネーション金古美
カーネーショントルコカーネーション332
カーネーション白カーネーション青緑
カーネーション青紫カーネーション青

蔦屋書店内でレース糸を少し販売していただきました。リサーチしたところでは、近くにビーズをゲットできるところがあまりなかったので、花1輪分100円でおかわり可にしました。ビーズ100個入り小袋を準備して販売も。
1つできたら忘れないうちにもっと作りたくなる、色違いを試したくなる、、、この気持ちは私が一番解っているつもり。
作りたいけれど材料が手元にない場合、
売っているお店は遠い、ネット注文は不安、注文するほどの数ではないし送料が無駄に感じる→→また今度そのうち→→そのまま何年も。これも経験済み。よ〜く解ります。
近くで定期講習して下さい→それもごめんなさい。

で、この機会に是非編み方をマスターして今後も楽しんでいただきたく、クマさんの実演を動画にどうぞ、という出血大サービスをやった回も。
カーネーション実演
なお、CRKデザインのYouTubeでは基本の編み方の動画を配信しています。

今回のような諸々のサービスはつけられないと思いますが、ワンモチーフのミニWSは今後もどこかで実施するかも。

『ビーズを編み込むすてきアクセサリー』は売り切れていましたが、補充をお願いしました。小さな展示スペースですが作品類はゴールデンウィークあけまで置いてあります。おいしいお食事処もあり、手芸本も充実。お近くの方は是非!



  1. 2017/04/30(日) 11:12:00|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ